月明かり―慶次郎縁側日記―(新潮文庫)

北原亞以子

529円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    月明かりに淡く浮かんだのは蹲る父と、鼻の脇に大きなほくろのある男。あのときは、幼子の見間違いと誰も相手にしなかったが……。建具職人の弥兵衛はなぜ刺し殺され、敵はなぜ逃げおおせたのか。月夜の晩から十一年後、敵は江戸に舞い戻る。惨劇の記憶が弥兵衛をめぐる人々の消せない過去をあぶり出し、娘を殺された慶次郎の古傷もうずく。シリーズ初長篇。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード