狼と香辛料XVII Epilogue

著者:支倉凍砂 イラスト:文倉十

583円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    『太陽の金貨』事件から数年。元羊飼いのノーラと女商人エーブは、ホロからの手紙を手に、北へと向かっていた。旅の途中、錬金術師ディアナも同じ馬車に乗り込んできて──。果たしてホロとロレンスは、幸せであり続ける物語を紡ぐことが出来たのか?第16巻の後日譚を描く、ファン必読の書き下ろし中編のほか、電撃文庫MAGAZINEに掲載された短編3編も収録。剣も魔法も登場しないファンタジーとして多くの読者に愛された賢狼と行商人の旅の物語が、今巻でついに完結!二人の旅の結末を、ぜひその目で見届けて下さい。

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    41
    5
    22
    4
    11
    3
    7
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/07/15Posted by ブクログ

      【内容】
      ・大団円の後日談。
      ・短編集。
      ・ロレンスたちと縁のあった女たちが集う。
      ・ロレンスが開く湯屋の祝宴はどうなる?
      ・ホロの意図は?
      ・その他。

      【感想】
      「Epilogue」の2編は前の巻...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/07/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/12/22Posted by ブクログ

      [評価]
      ★★★★☆ 星4つ

      [感想]
      本編は16巻で終わっているので本当に短いエピローグと短編2本
      エピローグは本編以降にロレンスとホロがどのように生活してきたのかを書いているがロレンスが商人をや...

      続きを読む
    開く

    セーフモード