【最新刊】狼と香辛料XXII Spring LogV

狼と香辛料

著者:支倉凍砂 イラスト:文倉十

737円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    湯屋をセリムたちに任せ、再び旅に出た元行商人ロレンスと賢狼ホロ。道中、小銭両替のため訪れたヴァラン司教領で、懐かしき人物――エルサとの再会が二人を待っていた。 司祭となったエルサは、教会の財産整理のため司教領に赴いたという。そして両替の見返りとして、一度踏み入れば生きては帰れない、呪われた山の調査をロレンスに頼む。そこには“錬金術師と堕天使”の秘密が隠されていて――!? さらに、借金地獄に陥った町をロレンスが商人の勘で救う、経済ファンタジーの面白さが詰まった中編に加え、ホロたちの娘ミューリと、聖職者志望の青年コルの結婚式(!?)の書きおろし中編を収録。 幸せであり続ける物語、第5弾!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/12/10
    連載誌/レーベル
    電撃文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル
    • 狼と香辛料 全 22 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      狼と香辛料 全 22 巻

      14,036円(税込)
      140pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(477件)
    • 狼と香辛料XIX Sp...
      2017/10/20

      短編4篇を集めた短編集。
      いくらでも量産できそうな「旅の途中で見かけたこんな問題を、こうやって解決した(ついでにちょっとホロといちゃついた)話(実際、「小梅けいと画集 狼と香辛料~十年目の林檎酒~の巻...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 7巻
      2009/08/30

      コルが旅の仲間に加わったことで、動きをだしてきた本編は一旦休憩。
      箸休め的に挿入されたのは、3つの短篇からなる短篇、サイドストーリーである。

      「本編大して進んでねぇのに短篇かよっ!」なんて当初は...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2014/12/29

      この本を読んだ後の第一声は「どうして出版当時に読まなかったんだよ私のバカ―!」でした。

      分かりやすく整合性のとれた高い文章力、勉強に裏打ちされた中世ヨーロッパの歴史・経済・文化・情景の正確かつ深い描...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード