【最新刊】狼と香辛料XXI Spring LogIV

狼と香辛料

21冊

著者:支倉凍砂 イラスト:文倉十

671円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    湯屋をセリムたちに任せ、ホロとロレンスは娘のミューリを訪ねて旅に出ることに。たくさんの頼まれごとを荷馬車に乗せて、二人の旅はゆっくり進む。そんな中、立ち寄った町でミューリのとんでもない噂を聞いて――。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/02/09
    連載誌/レーベル
    電撃文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    3.9
    433
    5
    99
    4
    204
    3
    125
    2
    4
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/09/20Posted by ブクログ

      今まで読んだラノベがことごとくダメダメだったので
      期待はしていなかったが、意外や意外。面白かった。

      話の設定がキッチリしているのと、
      登場人物のキャラがしっかり書かれていたせいか、
      すんなり頭の中に...

      続きを読む
    • 2019/07/28Posted by ブクログ

      【内容】ミューリの尻尾をすいたときの毛がルワードにもたらした珍事。とある異端審問官の冒険。ホロが書く日記?の謎。山中で見つかったあるものが巻き起こす騒動とホロの不安。時期外れの客たちの正体は?

      【感...

      続きを読む
    • 2019/07/26Posted by ブクログ

      【内容】いずれこのぬくぬくとしたしあわせも終わり自分だけが残されてしまう。そのことを意識したホロには妙な焦りが生じ。

      【感想】このシリーズのサブタイトルの意味がわかる。ああ、なるほど、と。珍しくホロ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード