Pen 2022年2月号

Pen 2022年2月号

Pen編集部

730円(税込) クーポン利用で365円獲得へ
1%獲得

7円相当(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayポイント付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 365(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/08/31 23:59 まで有効

獲得

唯一無二の木造技術が語るもの 日本の建築、ここが凄い! ユネスコが日本の伝統建築の技術を無形文化遺産に認定したように、 自然素材を巧みに利用する日本の建築は、唯一無二かつ奥深い、継承すべきもの。 数寄屋造り、茶室、床の間……言葉は知っていても、なぜこのような建築なのか、 そして木造の利点や伝統建築の技術の真髄を、我々はどれだけ知っているだろうか。 今回は建築家や数寄屋の匠らの専門家が、日本の建築の粋と誇るべきところを解説。 まずはHey!Say!JUMPの伊野尾慧さんと、日本建築の世界へ旅立とう。 ●目次●Headliner 1●Headliner 2●ファッションギャラリー●WORLD UPDATE●SDGs News●唯一無二の木造技術が語るもの 日本の建築、ここが凄い!●日本建築の柔軟さこそが、これからの社会にふさわしい─隈 研吾●伊野尾慧、数寄屋造りにて、日本建築の粋を知る●京都で三代続く数寄屋建築の匠、中村外二工務店●僕が深く感銘を受けた、“日本”を感じる4つの名建築●水澤工務店が手がけた、和の商業空間を訪ねる●竪穴から始まった日本の建築史を、駆け足で振り返る●祈りの場が庶民に開かれ、習慣の礎になる寺院建築●日本建築の真髄、「木造」が現代に生き延びた理由●驚異の耐久性、木という素材は現代でも通用する●日本とヨーロッパ、木材の捉え方が大きく違う●利休の「待庵」はいまも我々に、建築の意義を問いかける●実はこんな秘話あり!? 国内必見の名物建築20●伝統建築の技を解説! 部位別、5つの授業●公開が待ち遠しい、皇室ゆかりの伝統様式を拝覧●フィルムに残す使命を感じた、二川幸夫の捉えた日本の民家●並木教授の腕時計デザイン講義●Fashion Story ── Silent Spring●Pen’s Dialogue●名作を生む、人に優しいエルメスの工房●【第2特集】パリから秘蔵コレクションが来日! 男たちの指輪物語●ミラノ・デザインウィーク2021レポ●Tudor 大切な人と分かち合う、ふたりの時●Daihatsu 軽自動車とは思えない空間で、「旅する別荘」を実践してみる●Yaeyama Visitors Bureau 日本最西端の島で育まれる食材「与那国パクチー」、その特別な味●創造の挑戦者たち●ART●BOOK●CINEMA●MUSIC●ウワサの建築●白モノ&黒モノ 家電コンシェルジュ●TOKYO sweets PATROL●今日はどっちのお取り寄せ?●ゴキゲン3選酒!●東京車日記●小山薫堂の湯道百選●日本各地の食に関する見識を深めながら “おいしい”に会えるサイトがパワーアップ●Pen+ 最新刊のご案内●『Pen』で好評を博した特集・連載を書籍化。永久保存版 Pen BOOKSシリーズ●次号予告

続きを読む