ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~

著者:三上延

627円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    静かにあたためてきた想い。無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。物思いに耽ることが増えた彼女はついにこう言うのであった。必ず答えは出す、ただ今は待ってほしいと。ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。いわくつきのそれらに秘められていたのは、過去と今、人と人、思わぬ繋がり。脆いようで強固な人の想いに触れ、二人の気持ちは次第に近づいているように見えた。だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。この邂逅は必然か?彼女は母を待っていたのか?すべての答えが出る時が迫っていた。

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    489
    5
    122
    4
    231
    3
    131
    2
    4
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/08/21Posted by ブクログ

      「ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~」
      お久しぶりです。


      第4巻を読了してから随分経ってしまった。なんと読んだのは2013年。経ち過ぎだろっ!前巻は江戸川乱歩を扱っていて、...

      続きを読む
    • 2019/08/11Posted by ブクログ

      4巻が1冊まるまる1人の著者に纏わるストーリーでしたが、今回は3巻までと同じような短編を複数収録した作りに戻りましたので、またサクサクと読めました。それでいて、各章ごとにちょっとした裏話的な部分や、後...

      続きを読む
    • 2019/06/22Posted by ブクログ

      入眠剤として読んでいる本。適度に面白く、続きが気になりすぎることもなく、ちょうどいい入眠剤。

      ブラックジャックに色々バージョンがあることは全く知らなかった。本にまつわる雑学は興味深く面白い。

    開く

    セーフモード