【最新刊】ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~

ビブリア古書堂の事件手帖
7冊

著者:三上延

702円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

ビブリア古書堂に迫る影。太宰治自家用の『晩年』をめぐり、取り引きに訪れた老獪な道具商の男。彼はある一冊の古書を残していく――。奇妙な縁に導かれ、対峙することになった劇作家ウィリアム・シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。青年店員と美しき女店主は、彼女の祖父によって張り巡らされていた巧妙な罠へと嵌っていくのだった……。人から人へと受け継がれる古書と、脈々と続く家族の縁。その物語に幕引きのときがおとずれる。

続きを読む

レビュー

  • 2019/07/15Posted by ブクログ

    栞子さんにとって因縁の古書、太宰治「晩年」の行方を追って過去と現在が激しく交錯するサスペンス&ミステリーの完成度が今迄で一番の出来と自信を持って断言できる最高傑作の6冊目です。本書を読んでいると「五浦...

    続きを読む
  • 2019/07/06Posted by ブクログ

    シリーズ6巻目読了

    太宰治の『晩年』に纏わる過去の田中は、なんと大輔の親戚という衝撃の過去も判明。栞子さんの明晰な謎解きは、いつもながらの感嘆にあたいする。
    物語としても楽しかったが、何よりも、途中...

    続きを読む
  • 2019/06/22Posted by ブクログ

    入眠剤として読んでいる本。適度に面白く、続きが気になりすぎることもなく、ちょうどいい入眠剤。

    ブラックジャックに色々バージョンがあることは全く知らなかった。本にまつわる雑学は興味深く面白い。

もっと見る

セーフモード