自遊人 2020年2月号

自遊人編集部

1,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「発酵食と保存食。」 -Seeking recipes of wisdom- 世界のレストランのトレンドになっている「発酵」。 今回の自遊人では、単に「発酵食・保存食」を紹介するのではなく、 その背景にある人の営み、歴史や文化を紹介します。 「発酵」が単なるトレンドとして消費されるのか、それとも持続可能な 社会へと導く道しるべとなるのか。 「発酵と保存」を通して、これからの未来を考える特集です。 ●目次●いまどき、簡単!フライパンごはん十二箇月 「日本料理かんだ」神田裕行●エディターズボイス●雪国の風土が生んだ発酵食と保存食。●御食国・若狭が守り続けてきた究極の発酵食。●鮭の街・村上を旅する。●日本の発酵食文化の奥深さを伝える旅。●私の注目するローカル・ガストロノミー●オーガニック・エクスプレス●始末ごはん教室 料理研究家 松田美智子 ●キッチンを飛び出すシェフたち。●ブックホテルの背景にある思想。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード