風雲児たち 16巻

みなもと 太郎

712円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「蛮社の獄」により、渡辺崋山や高野長英などが弾圧をうけていた頃、イギリスと中国では「アヘン戦争」が勃発していた。そして、遠山金四郎が北町奉行に任命され、勝海舟は蘭学に目覚めた…。ジョン・万次郎、水野忠邦ら登場。

続きを読む
  • 風雲児たち 全 21 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    風雲児たち 全 21 巻

    13,318円(税込)
    133pt獲得

レビュー

  • 2007/03/04Posted by ブクログ

    16巻の表紙は金さんですね。とにかくどんなところにもギャグを入れなくては気がすまないのでしょうか、一コマも油断できません。(ちらっと空を飛んでた烏とかも・・)しかし、要所要所をしっかり押さえてあるので...

    続きを読む
  • 2012/03/11Posted by ブクログ

    アヘン戦争からはじまり、遠山の金さん就任、矢部定謙の憤死と天保の改革周辺の出来事が熱く綴られる16巻。無実の罪で幽閉された矢部の「人間が本当に怒れば、食事など通らなくなるのだ」の台詞は壮絶の一言。

[{"item_id":"A000011977","price":"712"}]

セーフモード