風雲児たち 10巻

みなもと 太郎

699円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

老中・松平定信が「寛政の改革」を断行しようとしていた頃、大黒屋光太夫らはまだロシアから出国できずにいた。そして、日本では青島俊蔵と最上徳内が国家隠密法違反により、捕えられ入牢されていた…。高山彦九郎、蒲生君平ら登場。

続きを読む
  • 風雲児たち 全 21 巻

    未購入巻をまとめて購入

    風雲児たち 全 21 巻

    14,822円(税込)
    148pt獲得

レビュー

5
1
5
1
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2012/01/14Posted by ブクログ

    松平の禁欲政治、最上徳内の冒険、高山彦九郎の受難と激怒。10巻でようやく寛政の改革へ至る群像劇。まだまだ物語は終わらない。最上の妻の青森方言が実に素晴らしかった!1980年当時にしてこの萌え加減!

セーフモード