三国志 36巻

横山 光輝

330円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

玄徳の蜀平定により、魏・呉・蜀の三国が形成された。一向に荊州を返そうとしない玄徳に腹をたてた孫権は、孔明の兄・諸葛瑾を蜀にさし向けた。だが荊州を守る関羽に要求をかわされる。許都では帝の曹操討伐計画が発覚、皇后を処刑した曹操は、自分の娘を帝に押しつける。勢いにのって曹操は、蜀の扉・漢中攻略にのりだす。

続きを読む
  • 三国志 全 60 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    三国志 全 60 巻

    19,800円(税込)
    198pt獲得

レビュー

レビューコメント(2件)
  • 2017/05/31

    曹操が相当悪人ぽく描かれている。張魯を裏切った部下を賄賂で寝返らせたのは曹操だが、後に処刑してしまう。

    Posted by ブクログ
  • 2017/11/14

    カメラに向けての指差しの絵が増えてきて、これが登場すると身が引き締まる思いがする!(笑)しかし曹操ほんと欲しがりで、敵側に活躍した武将がいると「家来にしたいのう」という台詞もう5回ぐらい聞いた気がする...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード