ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~

著者:三上延

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない、若くきれいな女性だ。だが、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大抵ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも。彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは栞子と奇妙な客人が織りなす、“古書と秘密”の物語である。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    1911
    5
    354
    4
    807
    3
    643
    2
    95
    1
    12
    レビュー投稿
    • 2019/10/13Posted by ブクログ

      物語に出てくる本それぞれとその本にまつわる謎が、本好きにとってはとても魅力的に思えます!鮮やかに謎を解き明かしていく栞子さんの聡明さにすっきりした読後感を得られます。私も栞子さんから、本にまつわる様々...

      続きを読む
    • 2019/10/02Posted by ブクログ

      日常ミステリで調べて面白そうだったので購入。
      キャラが際立つお話はあまり本を読まない人間からすると凄く読みやすいと思います。これもその一つ。
      非常に面白かった。次もそのうち買います。たぶん。
      全巻読み...

      続きを読む
    • 2019/09/25Posted by ブクログ

      持ち込まれた古書にまつわるいろいろなミステリーの物語が、古書店を舞台に展開されていくのが面白かったです。主人公の2人の淡い関係がどうなっていくのかも含め、続編を読みたいです。

    開く

    セーフモード