ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか11

大森藤ノ/ヤスダスズヒト

759円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    少年(リトル・ルーキー)の名声は地に堕ちた──。竜の少女(ウィーネ)を救った代償として人々からの信用を失ったベル。悪意と失意の狭間で少年は傷付き、苦悩する。だが、「迷わないで。貴方の側には失われないものがちゃんと残っています」出会いの絆に支えられ、決意を新たにした少年は仲間とともに立ち上がる。再び戦場へと変わる迷宮街で決行される『異端児(ゼノス)』帰還作戦。その前に立ちはだかるは都市最強(ロキ・ファミリア)。賢者の知恵、勇者の策、神々の思惑、そして黒き獣が咆哮を上げる時、少年の心は回帰する。「僕……強くなりたいです」これは、少年が歩み、女神が記す、──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

    続きを読む
    • 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」シリーズ 全 15 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」シリーズ 全 15 巻

      10,857円(税込)
      108pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      いや、すごかった。
      この想いの強さはやっぱりダンマチだよなあ。

      9巻から続くゼノス編の一応の決着回。
      地上に残ったゼノスたちをダンジョンに返すためにヘスティアファミリアが力を合わせる展開。
      前半はリ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/07/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      「人類の敵」である竜の少女を助けてしまったために、それまで築き上げてきた名声を喪った主人公のベル。何もかもを失ってしまったように見えた彼が、それでも残されていたいくつもの絆を頼りにふたたび立ち上がる―...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001685209","price":"759"}]

    セーフモード