ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか10

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか10

大森藤ノ/ヤスダスズヒト

726円(税込)
クーポン利用で226円獲得へ
26

理知を備えるモンスター『異端児(ゼノス)』との邂逅も束の間、ベルはウィーネと引き離されてしまう。懊悩の日々に埋もれるベルだったが、ウィーネにも魔の手が迫ろうとしていた。そして、「武装したモンスターの大移動を確認! ギルドは討伐任務を発令します!!」暴走する『異端児(ゼノス)』によって賽は投げられた。引き鉄となったのは暴悪な狩猟者(ハンター)達、代償は都市の全派閥を巻き込む動乱。激動のオラリオで少年は決断を迫られる。憧憬と怪物、現実と理想、英雄と罪人。人類とモンスターの狭間で、ベルは──「君は、本当に愚かだな……」これは少年が歩み、女神が記す、──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】226円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/06/30 23:59 まで有効

同シリーズ

開く