【最新刊】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか14

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」シリーズ
14冊

大森藤ノ/ヤスダスズヒト

853円(税込)
ポイント 8pt

「迷宮の孤王――アンフィス・バエナ!」絶望の『予言』は終わらない。惨禍の宴が繰り広げられた27階層で巻き起こる新たな異常事態。退路を断たれたリリ達は、ベル不在の中で『冒険』を余儀なくされる。「深層……」一方でベルとリューを待ち受ける過酷の名は『37階層』。孤独、孤立、孤絶、最凶の舞台で幕を開ける最悪の決死行。そして迫りくる【厄災】の影。かつてない過酷に翻弄される中、リューは生と死の狭間で過去の情景を見る。「私には、もう……『正義』はない」これは少年が歩み、女神が記す、 ──【眷族の物語】── ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

続きを読む
提供開始日
2018/12/14
連載誌/レーベル
GA文庫

レビュー

5
2
5
2
4
0
3
0
2
0
1
0
  • 2018/05/25匿名
    主人公補正あり

    英雄願望もちの主人公だけど、俺強いとか、自己陶酔があまりない。 いつも強敵にぶち当たり、踏破していく系の話。 キャラクター押しの強い作品でも、読んでてつまらないと言う事はないと思う。

  • 2013/12/10ともひと
    まさにRPG

    ダンジョン、という名詞が使われていることでピンとくる方が多いと思いますが、 まさにRPG・・・それも使い古された感がある“主人公がダンジョンへもぐり徐々に強くなっていく”、物語です。 使い古された...

    続きを読む

セーフモード