墨攻 4巻

森秀樹 原作:酒見賢一 シナリオ協力:久保田千太郎

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 302(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

城主の息子・梁適と、いつも革離とともに行動していた蔡丘。革離がいなくなった今、梁適は自分が指揮をとると宣言するが、邑民たちは蔡丘の言葉を革離の言葉として聞いているのだった。そこへ、趙軍の兵士が忍び込んでいることが報告される。

続きを読む
  • 墨攻 全 11 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    墨攻 全 11 冊

    6,655円(税込)
    66pt獲得

レビュー

レビューコメント(1件)
  • 2010/05/04

    これで梁城の話は決着がつくんですね。
    映画はここまで。映画と違って主人公が追い出された恨みつらみをくどく描いたりせず洪水で片をつける。情にからめないとこがスッキリしていていい。
    投人器といった武器、兵...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード