【完結済み】墨攻 1巻

墨攻

完結

森秀樹 原作:酒見賢一 シナリオ協力:久保田千太郎

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

時は二千数百年前、韓・魏・趙・齊・燕・秦・楚の七国が争う戦国時代の中国――。趙の大軍が、燕の小城、梁城を落とそうと、国境の易水川岸に軍を構えていた。梁城では、城を守るため城邑防衛のエキスパート集団、墨家から墨者を呼んだ。しかし、やって来たのは、革離(かくり)という名の男、唯一人だった……!

続きを読む
ページ数
225ページ
提供開始日
2007/11/30
連載誌/レーベル
ビッグコミック
出版社
小学館
ジャンル
青年マンガ
  • 墨攻 全 11 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    墨攻 全 11 巻

    6,655円(税込)
    66pt獲得

レビュー

  • 2010/05/04Posted by ブクログ

    これで梁城の話は決着がつくんですね。
    映画はここまで。映画と違って主人公が追い出された恨みつらみをくどく描いたりせず洪水で片をつける。情にからめないとこがスッキリしていていい。
    投人器といった武器、兵...

    続きを読む
  • 2013/05/01Posted by ブクログ

    中国にある一つの国の中の一つの城。小さな世界と流されてしまう場所に、こんなにも多くのドラマが。戦で死ぬのは、そこに住む全ての人々だということ。この視点は重要。絶対に目を背けてはいけない。

  • 2013/05/01Posted by ブクログ

    最終巻。急展開ながら、希望と問いかけを感じる終わり方だったと思います。連載開始が20年前ながら、こめられたメッセージは色褪せず。多くの人に読んで欲しい作品。

開く

セーフモード