墨攻 1巻

森秀樹 原作:酒見賢一 シナリオ協力:久保田千太郎

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

時は二千数百年前、韓・魏・趙・齊・燕・秦・楚の七国が争う戦国時代の中国――。趙の大軍が、燕の小城、梁城を落とそうと、国境の易水川岸に軍を構えていた。梁城では、城を守るため城邑防衛のエキスパート集団、墨家から墨者を呼んだ。しかし、やって来たのは、革離(かくり)という名の男、唯一人だった……!

続きを読む
  • 墨攻 全 11 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    墨攻 全 11 冊

    6,655円(税込)
    66pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(4件)
  • 2004/10/01

    痛い、臭いというような五感をきちんと描ききってある。それこそが人間性でありすばらしい。強靭なプライドは痛快です。

    Posted by ブクログ
  • 2020/12/04
    かっこいい

    絵が精緻で見やすい。禿頭ですがとてもかっこよい漢です。1巻を読めば自ずと2巻3巻に手が伸びると思います。

    匿名 さんのレビュー
  • 2012/10/10

    主人公、革離には覚悟がある。
    取り繕うべきプライドはあまりない。
    それは信念があり、覚悟があるからである。
    その他の事はどうでもよい。

    普通の登場人物にはプライドがある。
    権力というプライドだったり...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード