「極夜行」を語る

角幡唯介

108円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

    マニュアル化された現代の冒険は真の冒険ではない。すべてがシステム化され管理された時代の冒険とは何か。その答えがここにある! 4ヵ月も太陽が顔を出さない極寒の地を犬と旅した壮絶なノンフィクション ●現代の冒険は「脱システム」。『極夜行』に込めた冒険論の実践 ●システムの外に出て混沌とした領域へ ●犬がウンコを食べた。尻を舐められた! ●見よう見真似でジャコウウシ解体 ●お腹が空いていて白熊に発砲 ●冒険家の四十三歳は鬼門なんです

    続きを読む
    • 元木昌彦のインタビュー「メディアを考える旅」 全 13 巻

      未購入巻をまとめて購入

      元木昌彦のインタビュー「メディアを考える旅」 全 13 巻

      1,404円(税込)
      14pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード