【最新刊】映画『新聞記者』で「この国の民主主義は形だけでいい」といわせた理由

元木昌彦のインタビュー「メディアを考える旅」

河村光庸

110円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    映画『新聞記者』が日本アカデミー賞三冠!これまでも『かぞくのくに』など多くの問題作を世に問ってきたプロデューサーが大ヒット映画の舞台裏とこの国の「暗部」を明かした! ●加計学園問題や伊藤詩織さん事件などを想起させる、近ごろ珍しい骨太の映画 ●この国の民主主義はかたちだけでいいか ●テレビ業界にある忖度社会 ●露呈している「官邸主導」の問題点 ●映画に助成する韓国日本はその十分の一 ●映画作りを変えたネット映画の登場 ●今こそ問うべき「公」とは何か ●権力者の圧力より官僚の自主規制が怖い

    続きを読む
    提供開始日
    2020/04/24
    連載誌/レーベル
    e-ノンフィクション文庫
    • 元木昌彦のインタビュー「メディアを考える旅」 全 22 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      元木昌彦のインタビュー「メディアを考える旅」 全 22 巻

      2,420円(税込)
      24pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード