ホムンクルス 9巻

山本英夫

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

●主な登場人物/名越進(34歳。新宿の車上生活者だが、かつては外資系エリート銀行員だった。頭蓋骨に穴を開ける手術を受けて以来、左目に変なモノ=ホムンクルスが映るように)、伊藤学(22歳。名越に「頭蓋骨に穴を開ける手術」を施した医大生で、金持ちのボンボン) ●あらすじ/いくつかのホムンクルスとの対決を経て、自分の歪みと向き合う覚悟を決めた名越は、右目を縫い妄想の世界へダイブ。最大の敵である人体実験の雇い主・伊藤のホムンクルスと対峙する。2人に共通する「心の歪み」とは一体? 次第に、伊藤は性の歪みを抱え、名越は整形していた事実が判明するが…!? ●本巻の特徴/お前の心の闇に、本当の俺がいる。ついに伊藤の、そして名越の核心へ…!!

続きを読む
  • ホムンクルス 全 15 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    ホムンクルス 全 15 巻

    9,130円(税込)
    91pt獲得

レビュー

4.3
3
5
1
4
2
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2008/04/14Posted by ブクログ

    アマゾンのレビューは批判的だけど、自分はどんどん引き込まれていっている。名越が自分のような気がしてくる…。

  • 2011/05/26Posted by ブクログ

    伊藤のホムンクルスの正体を掴むため、名越は右目を閉じる手術を受ける。その姿は父親の形をした水槽のようなもので、グッピーが泳ぐ水で満たされていた。伊藤の深層心理を探るうち、自分自身を探られることになる名...

    続きを読む
  • 2008/03/15Posted by ブクログ

    ダ・ヴィンチ2004年10月号
    「今月のプラチナ本」。

    2008年3月14日(金)読了。

    2008−20。

開く
[{"item_id":"A001526522","price":"605"}]

セーフモード