ホムンクルス 11巻

山本英夫

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

●主な登場人物/名越進(34歳。新宿の車上生活者だが、かつては外資系エリート銀行員だった。頭蓋骨に穴を開ける手術を受けて以来、左目に変なモノ=ホムンクルスが映るように)、伊藤学(22歳。名越に「頭蓋骨に穴を開ける手術」を施した医大生で、金持ちのボンボン) ●あらすじ/整形前の顔も記憶も思い出せず、路頭にさまよう名越。だが、整形前の顔を撮った写真を一枚だけ靴の中に入れておいたことを思い出し、それをマイカーの中から探し出した名越は、ついに自らの素顔と対面する。そして、そこから当時の記憶が次々とあふれ出てくるが…? ●本巻の特徴/整形前の自分にも、生の実感が何ひとつなかったことに気づいた名越。だが、形を変える直前、唯一本物の視線を向けてくれた女性がいたことを思い出す。果たして、その女性とは!?

続きを読む
  • ホムンクルス 全 15 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    ホムンクルス 全 15 巻

    9,130円(税込)
    91pt獲得

レビュー

2.8
5
5
0
4
2
3
1
2
1
1
1
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2010/04/04Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2009/12/20Posted by ブクログ

    ◎ダ・ヴィンチ2004年10月号
    「今月のプラチナ本」。

    2010年1月16日(土)読了。

    2010−5。

  • 2010/01/08Posted by ブクログ

    名越の過去といきさつがちょっぴしわかる巻。
    過去編一気に行くのかと思いきや、ちょっと肩すかしくらった感がある。
    名越の過去編が次こそ進みますように。

開く
[{"item_id":"A001526524","price":"605"}]

セーフモード