ホムンクルス 10巻

山本英夫

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 302(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

●主な登場人物/名越進(34歳。新宿の車上生活者だが、かつては外資系エリート銀行員だった。頭蓋骨に穴を開ける手術を受けて以来、左目に変なモノ=ホムンクルスが映るように)、伊藤学(22歳。名越に「頭蓋骨に穴を開ける手術」を施した医大生で、金持ちのボンボン) ●あらすじ/自身の歪みと向き合う覚悟を決めた名越は、自らを人体実験の被験者に選んだ伊藤もまた、身体を変えないことで歪みを抱えていると確信。彼に女性の化粧を施し、カツラをつけ、女物の服をまとわせて、高級ホテルのレストランへと連れて行く。最初は周囲の目を気にする伊藤だったが、徐々に女として整い始め…? ●本巻の特徴/名越と伊藤のレストランでの“最終対決”。本来の自分を取り戻していく伊藤に対し、名越は整形前の顔も記憶も思い出せないまま。彼は整形で失った“生の実感”を取り戻せるのか…!?

続きを読む
  • ホムンクルス 全 15 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    ホムンクルス 全 15 冊

    9,185円(税込)
    91pt獲得

レビュー

レビューコメント(6件)
  • 2009/09/29

    あらすじ(Wikipedia)より

    一流ホテルとホームレスが溢れる公園の狭間でカーホームレスをしていた名越は、
    医学生である伊藤に出会い、報酬70万円を条件に第六感が芽生えるという
    トレパネーション...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2009/11/18

    発売が延び延びだったからアマゾンの予約も取り消されてたんだけど、久しぶりに探してみたら発刊されてた。
    主人公自身への興味に大きくシフトする巻。
    つか伊藤の幼少時代かわいすぎる。

    Posted by ブクログ
  • 2009/09/13

    ◎ダ・ヴィンチ2004年10月号
    「今月のプラチナ本」。

    2009年9月12日(土)読了。

    2009−91。

    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード