街道をゆく (37) 本郷界隈

司馬遼太郎

734円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    近代化を急ぐ明治期の日本において、欧米文明を受け入れ地方へ配る「配電盤」の役を担い、さらに日本最初の大学が置かれた街、本郷。往時をしのぶ町並みに、夏目漱石、森鴎外、樋口一葉ら、この街を愛した文豪が書き残した面影をたどる。

    続きを読む
    • 街道をゆく 全 43 巻

      未購入巻をまとめて購入

      街道をゆく 全 43 巻

      29,543円(税込)
      295pt獲得

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/08Posted by ブクログ

      【いちぶん】
      私は、子規がすきである。子規のことを考えていると、そこにいるような気がしてくる。
      (p.168)

    • 2019/03/31Posted by ブクログ

      拾い読み。少しずつ&何度でも読むつもり。真砂町のあの眺め、正岡子規も好きだったと知って心温まった。今は住宅だらけだけど。

    セーフモード