マリアビートル

著者:伊坂幸太郎

814円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    酒浸りの元殺し屋「木村」。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」「檸檬」。運の悪い殺し屋「七尾」。物騒な奴らを乗せた東北新幹線は疾走する!『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    469
    5
    178
    4
    208
    3
    75
    2
    7
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/10/05Posted by ブクログ

      伊坂幸太郎先生。すきです。
      テントウムシさんが、ナイスすぎておもろ。

      キャラの個性強くて読みやすいです。
      緊迫感あるけど何処か気が抜けてどんどん読んでしまう。

      なに読もうかなと迷ってたら結構手にと...

      続きを読む
    • 2019/09/26Posted by ブクログ

      話に惹き込まれた。残忍な描写もあるが、どことなくユーモアがあって、殺し屋にさえ愛着が湧いてしまう。嫌な終わり方ではなくて良かった。

    • 2019/09/18Posted by ブクログ

      王子に関する章にこころを潰され、序盤読み進めるのに苦労しました。

      後半登場人物たちが交わり始めると、結末まで止められない…!疾走感がすごい。

      某ミステリーの女王の小説のタイトルのような結末になるの...

      続きを読む
    開く

    セーフモード