【最新刊】AX アックス

AX アックス

著者:伊坂幸太郎

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【伊坂幸太郎史上最強のエンタメ小説〈殺し屋シリーズ〉、『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる待望作!】\鳴りやまぬ驚愕と感涙の声!/★2018年 本屋大賞 ノミネート作!★第6回静岡書店大賞(小説部門) 大賞受賞作!★フタバベストセレクション2017(フタバ図書) 第1位!最強の殺し屋は――恐妻家。物騒な奴がまた現れた!物語の新たな可能性を切り開く、エンタテインメント小説の最高峰!「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。一人息子の克巳もあきれるほどだ。兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/21
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/02/26Posted by ブクログ

      「グラスホッパー」
      「マリアビートル」に続く
      シリーズの三作目
      (順に読まなくても良いが、続けて読むとニヤニヤする箇所が多々あります)

      トップクラスの実力を持つ殺し屋ながら恐妻家である「兜」が主人公...

      続きを読む
    • 2020/02/27Posted by ブクログ

      「グラスホッパー」、「マリアビートル」に続く殺し屋シリーズです。
      前二作はいずれも長編で、個性的な殺し屋が多数登場したことで、群像劇的「殺し屋列伝」のような趣でした。

      今回は連作短編形式で、前二作同...

      続きを読む
    • 2020/04/25Posted by ブクログ

      グラスホッパーやマリアビートルといった小説にはユニークな殺し屋たちが登場しますが、この小説にも家では恐妻家という変わった殺し屋、兜が主人公になっています。
      表の顔は文房具メーカーの営業マンである三宅(...

      続きを読む
    開く

    セーフモード