【最新刊】図書館の魔女 烏の伝言 (下)

図書館の魔女

高田大介

858円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    姫を救出せんとする近衛兵と剛力たち。地下に張り巡らされた暗渠に棲む孤児集団の力を借り、廓筋との全面抗争に突入する。一方、剛力衆の中に、まともに喋れない鳥飼の男がいた。男は一行から離れ、カラスを供に単独行動を始めが……。果たして姫君の奪還はなるか? 裏切りの売国奴は誰なのか? 傑作再臨!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/05/17
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸
    • 図書館の魔女 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      図書館の魔女 全 6 巻

      5,302円(税込)
      53pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(303件)
    • 2018/01/11

      【再読】

      言葉は大切。言葉を伝えることは価値があること。なのに、伝える手段や機会が増えれば増えるほど、無為な言葉ばかりが溢れてしまって、どうしても伝えたい大切な言葉が紡げなくなってしまう。私は何十年...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 図書館の魔女 第一巻
      2016/05/15

      言葉と文字は違う。言葉とは何か。図書館とは先人達の知の結晶。

      はじまる物語にわくわく。地理も政治も歴史も、全てを切り拓くのは言葉。

      大好きな言葉。言葉の世界。

      上滑りする言葉を紡ぎたくないの。...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2017/08/18

      第45回メフィスト賞受賞作。

      すんごく面白かった。これは…数年に一度出るか出ないかの凄まじいファンタジーだと思う。世界設定もさることながら、細かな部分も確かな知識もしくは調査に裏付けされて緻密に描写...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード