原子力空母「信濃」 - 最後の出撃 中

鳴海章 著

832円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    オイル・ロード防衛の任を帯びペルシャ湾に派遣された日本艦隊。そこに、暴発した一部イラン軍がシルクワーム・ミサイルを撃ち込んだ。突然の飽和攻撃で、旗艦「しらね」を失い、空母「信濃」も深手を負ってしまう。あまりの犠牲に、艦隊の帰投を命ずる日本政府。しかしこの間、東アジア情勢に深刻な緊張が生じていた。南沙諸島の権益をめぐり米中が衝突、米機動部隊艦載機が中国空軍機を撃墜してしまったのだ。母国を目指す「信濃」の行く手には、続々集結を開始する米中空母の艦影が。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード