原子力空母「信濃」 - 最後の出撃 下

鳴海章 著

817円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    南沙諸島をめぐり交戦状態に入った中国と米国。空母海南龍のスホーイ33とインデペンデンスのF-14トムキャットが激しい空戦を展開する戦場に、米国政府はさらに空母カール・ビンソンとユナイテッド・ステーツの投入を決断。日本政府は、中国国家主席との密約に従い、深手を負った空母信濃にカール・ビンソン阻止の命令を下す。ベンガル湾で対峙する日米原子力空母。米軍側は42時間後の総攻撃を通告するが……。新時代の世界構想をかけ、アジアと米国の空母機動部隊が激突する!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード