C.M.B.森羅博物館の事件目録 32巻

加藤元浩

462円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

大英博物館の知の守護者・森羅(しんら)が、世界中の魅力的な“モノ”にまつわる謎に挑む! 1話読み切りでたっぷり4編収録!! 魔法が使えるとされる書物「魔道書」を探すため、マウにロンドンに呼び出された森羅と立樹(たつき)。手がかりとして残されたヒスイ製の猫の像には、ヴィクトリア朝時代の本の収集家の名前が刻まれていた。古書店を営むトマスと共に調べを進めるうち、一行はマフィアに狙われ……!?<魔道の書> この他4編収録!!

続きを読む
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録 全 42 巻

    未購入巻をまとめて購入

    C.M.B.森羅博物館の事件目録 全 42 巻

    19,404円(税込)
    194pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4
2
5
0
4
2
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2016/09/06Posted by ブクログ

    ■灯火
     中東を舞台。
     遺跡で発掘された化石を巡る争い。
    ■混信
     日本の小学生がスマホの代わりに買ってもらったトランシーバーにまつわる事件。
    ■邪視除け
     日本の洋品店で、店長が殺された。
    ■魔導...

    続きを読む
  • 2016/06/18Posted by ブクログ

    灯火……「暗闇の中に灯をともす役目なんだ」というセリフがよかった。
    やはり、灯火 や グリモワール のような考古学・人類学ネタがスケールも大きくて、おもしろい。

セーフモード