デラシネマ 4巻

星野泰視

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    大部屋俳優・宮藤武晴は、時代劇『双月記』のクライマックスで御大・市岡歌蔵が繰り出す高速の立ち回りの「斬られ役(カラミ)」として、急遽指名される。激しい殺陣(たて)の最中、武晴が見せた「型」によって、武晴と御大の意外なつながりが明らかに……!一方、高羽監督にスカウトされたフォース助監督・風間俊一郎は、監督の「新しい時代劇」作りへの情熱を目の当たりにし映画(シャシン)への思いを新たにする。そんな俊一郎を待つのは、脚本(ホン)作りという新たな課題と、美しい女優との出会いであった!

    続きを読む
    • デラシネマ 全 8 巻

      未購入巻をまとめて購入

      デラシネマ 全 8 巻

      5,280円(税込)
      52pt獲得

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/31Posted by ブクログ

      いやー、出るわ出るわ、どいつもこいつも変人だらけ(^^;。
      でも、そういう「何か違う」人々が時代を創っていくんでしょうねー。
      とはいえ、もちろんそれぞれに「人」としての根本はあるわけで…。
      『デラシネ...

      続きを読む
    • 2012/01/29Posted by ブクログ

      月が美しいのは闇に耐えているからだ、という話はジーンときた。唯一の輝けるもので在り続けるためには、結果の分からない未知の領域に挑戦し続ける覚悟も背負わなくてはならない。現代、なかなかこういう心持ちにな...

      続きを読む
    • 2012/01/08Posted by ブクログ

      若くで監督になる奴は助監督ん時から寝ずに脚本書いてる ってのは納得。うちらの仕事と同じ。脚本書くか、わたくしも。

    セーフモード