【完結済み】デラシネマ 1巻

デラシネマ

完結

星野泰視

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

映画が娯楽の王様だった時代、そのてっぺんを目指すデラシネ(根無し草)がいた。助監督と大部屋俳優、2人の夢と野望が新たな「映画(シャシン)」を創り出す!――昭和28年。黄金時代の日本映画界で底辺からてっぺんを目指す2人の男がいた。日映(にちえい)撮影所に所属する大部屋俳優の宮藤武晴(くどうたけはる)とフォース助監督の風間俊一郎(かざましゅんいちろう)。撮影所の伝統と慣習に阻まれながらも、2人は「作り物」ではない「リアル」な映画づくりを目指す!

続きを読む
ページ数
210ページ
提供開始日
2012/08/17
連載誌/レーベル
モーニング
出版社
講談社
ジャンル
青年マンガ
  • デラシネマ 全 8 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    デラシネマ 全 8 巻

    5,280円(税込)
    52pt獲得

レビュー

  • 2020/07/15Posted by ブクログ

    創ることに携わる側と、演じる側。
    それぞれに道が進んできて、立ち位置や考え方が変わってきたなぁ。
    あと2巻、ふたりがどうかみ合っていくのかが興味深いです。
    演じ手の自負と嫉妬、「役者自身」と「役の人物...

    続きを読む
  • 2020/07/15Posted by ブクログ

    アマゾンで購入する。興味を持ったのは、最近です。そして、興味を持つと同時に、連載が打ち切られました。連載が打ち切られるのは当然です。第1に、テーマが地味なのです。戦後の撮影所が舞台です。誰が興味を持つ...

    続きを読む
  • 2020/07/15Posted by ブクログ

    尚弓さんの存在感がいいなぁ。「あらあら」に萌えます。
    そして、初巻からほのめかされていながら語られていなかった
    俊一郎と武晴の過去も感慨深いです。脚本コンクールのくだりは
    多少できすぎ感がなくもないで...

    続きを読む
開く

セーフモード