蒼天航路 32巻

漫画:王欣太 原案:李學仁

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

劉備(りゅうび)の喉頸(のどくび)を射抜き、乱世に幕を降ろす!王たる将の自覚、夏侯淵(かこうえん)はそのすべてを懸けて、新生蜀軍(しょくぐん)との一戦に挑む。充実した新生蜀軍を率い、劉備が漢中へ出兵。迎え討つ盤石の魏軍(ぎぐん)、司令官は夏侯淵。下弁(かべん)・定軍山(ていぐんざん)と続くこの一戦で夏侯淵は“戦(いくさ)の主”として決意。一方、変貌した劉備に導かれるごとく、魏王(ぎおう)・曹操(そうそう)は静かに動く。

続きを読む
  • 蒼天航路 全 36 巻

    未購入巻をまとめて購入

    蒼天航路 全 36 巻

    23,328円(税込)
    233pt獲得

レビュー

4.8
5
5
4
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/05/03Posted by ブクログ

    劉備が漢中に進撃。
    魏と蜀の大戦が始まるが、大軍通しのぶつかり合いで、一武将の活躍だけで戦局が決まることもなく、兵站の補給経路の確保が勝敗を決するようになる。
    大きな時代の変化だ。

  • 2011/08/10Posted by ブクログ

    曹操、関中攻めを開始する。

    ついに曹操と劉備の覇権をかけた戦いが始まります。

    場面的にも動きの多い回なので、全ての武将が生き生きと描かれています。

    孔明を筆頭とした新生劉備軍。
    新参の錦馬超、軍...

    続きを読む
  • 2010/07/29Posted by ブクログ

    そういえば、北方謙三が、唯一自由に満足に書けなかったというのが、関羽だそうで。
    たしかに、この新解釈いっぱいの「蒼天航路」でも、関羽は、関羽のままです。

    わたし的には、関羽あんまり好きではないけど、...

    続きを読む
開く

セーフモード