ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり5

漫画:竿尾悟 原作:柳内たくみ

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    超スケールの異世界エンタメファンタジー、待望のコミカライズ第5弾! 地震発生後の「特地」。皇帝の身を案じるピニャは、伊丹たち自衛隊の面々を連れて、皇宮へ向かった。そこで伊丹たちは皇帝と謁見し、講和に向けての話し合いが始まる……かに見えたが、皇子ゾルザルの登場で状況は一変する。彼の連れていた奴隷の一人が、銀座で拉致された日本人だったのだ! かくして講和交渉は、さらに難航していくこととなる――

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.6
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/08/24Posted by ブクログ

      日本は、帝国との講和を進めるも、日本人拉致被害者の存在が明らかになったり、ある復讐のために日本と帝国との戦争継続を画策する者がいたりと、まだまだすんなりと話が終わりそうにはない。
      日本人奴隷っていうの...

      続きを読む
    • 2014/09/22Posted by ブクログ

      重い雰囲気にはなってきたものの、盛り上がってきました!次巻で自衛隊VSドラゴン戦来る・・・か!?楽しみです。

    • 2014/09/19Posted by ブクログ

      日本人奴隷交渉がメインの巻。日本と異世界側の力関係がはっきりしているので、それ前提に謀略を組み立てているところは、わかりやすいし面白い。
      ただ、いい加減異世界人が日本を侮ってしっぺ返し食らう展開は食傷...

      続きを読む

    セーフモード