碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語- 4

著者:犬童千絵

682円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新王トトメス3世、摂政シェプストによる共同政権の新時代が幕を開けた。政権を手にしたシェプストは、理想の実現に向けて改革に着手する。そんな彼女の下に、ふたりの男たちが現れる。書記官を務める知性派のセンムトと、剣士を務める武力派のソベク。対照的なふたりから愛を告げられ、シェプストの心が揺り動かされる……!! 愛憎渦巻くエジプト宮廷劇、待望の第4巻。

    続きを読む
    • 碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語- 全 7 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語- 全 7 巻

      4,862円(税込)
      48pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.6
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/14Posted by ブクログ

      相変わらず絵が安定していて好きです。
      息子は知らないが故に余計に父親を求めて所在のなさも相まって母親と亀裂が入ってしまいます。
      漫画の中では母子の交流があまり多くは描かれていないからお互いの想いや考え...

      続きを読む
    • 2019/04/30Posted by ブクログ

      幼王トトメス3世の摂政となり、己の理想の政治を執る一歩を踏み出したシェプスト。しかし、表紙の2人の表情に見えるように、亀裂はすでに入っています。

      王という存在と少年としての存在の狭間で生まれ育った自...

      続きを読む
    • 2018/06/10Posted by ブクログ

      幼王トトメス3世の摂政になったシェプスト。
      前巻で兄王を謀殺してまで摂政になった割に、政治的な話が進まないというか、結局シェプストがどういう国造りを目指しているのか4巻にもなって未だによくわからず、い...

      続きを読む

    セーフモード