碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語- 3

著者:犬童千絵

682円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

トトメス2世の暴虐は激しさを増し、シェプストの妹・ネフェルの身にも危険が及ぶ。幼い妹を守ろうとするシェプスト。だがこの企てに手を貸していたのは、シェプストが最も信頼していた人物だった……! 敵は味方になり、味方が敵になる。一瞬の油断も許されないエジプト宮廷劇、待望の第3巻。

続きを読む
  • 碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語- 全 7 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語- 全 7 巻

    4,862円(税込)
    48pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4
3
5
1
4
1
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2017/12/10Posted by ブクログ

    シェプストが迷い悩む巻でした。
    色々なものを守ろうとする度に何かを失い壁ができていく絶望は辛いなぁ。

    でも兄上が思っていたよりあっさり退場でびっくりしました。
    もっとしぶとく敵になってくれるかと思っ...

    続きを読む
  • 2017/11/19Posted by ブクログ

    自分が理想とする治世を行うため、なんとかしてトトメス2世に対抗しようとするシェプスト。しかし、ファラオという神の権力を持つ存在には、彼女個人では抗えきれずに、兄王の軍門に下ることに。屈辱の性交。
    結果...

    続きを読む
  • 2017/07/31Posted by ブクログ

    兄王との決着が思いのほかあっさり着いた。兄王は人間的には下種だが、王として悪い王ではないし、権謀術数で主人公と対立するわけでもないから、物語の敵役としては正直微妙だったかもね。最期は可哀そうで、少し同...

    続きを読む

セーフモード