怪盗ニック全仕事 (1)

完結

著:エドワード・D・ホック 訳:木村二郎

1,199円(税込)
ポイント 11pt

通常ポイント:11pt

ニック・ヴェルヴェットは当代きってのプロの泥棒である。つねに依頼を受けて動く彼が盗むのは、価値のないもの、もしくは誰も盗もうとは思わないものだけ。報酬は一件につき二万ドル。そんな型破りな条件にもかかわらず、彼のもとには依頼が次々に舞い込んでくる。ターゲットはプールの水、おもちゃのネズミ、プロ野球チーム、使い古しのカレンダー等……それらをニックはどうやって盗む? そして依頼者はなぜ盗ませようとする? 短編の名手ホックが創造した唯一無二の怪盗ニック、その全仕事を発表順に配して贈る全集第1弾、全15編収録。

続きを読む

レビュー

4
7
5
2
4
3
3
2
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/03/20Posted by ブクログ

    書き直し。
    ミステリ初読者に薦める面白い短編として真っ先にあげたい作品。
    主人公、怪盗ニックはプロの泥棒。どんな場所にだって入ってみせる。しかし彼には一つ流儀がある。
    彼は価値のないものしか盗まないの...

    続きを読む
  • 2018/12/28Posted by ブクログ

    怪盗ニックが盗むのは「価値のないもの、もしくは誰も盗もうとは思わないもの」だけ。
    そんな奇妙な条件で盗みを働く彼の元へ依頼をする方もやっぱり食わせ者ばかりで。
    お高い手数料を払って価値のないものを欲し...

    続きを読む
  • 2017/12/03Posted by ブクログ

    価値のないものを専門に盗む怪盗ニック。そんな彼のもとには、さまざまな依頼がやってくる。斑の虎やプールの水、プロの野球チームなどなど。それらをどうやって盗むのか。


    短編でなかなか面白かった。確かに、...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード