からくさ図書館来客簿 第二集 ~冥官・小野篁と陽春の道なしたち~

著者:仲町六絵

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    京都の一角にある「からくさ図書館」は、優しげな館長さんと可憐な少女が二人きりで切り盛りする、アットホームな佇まいの私立図書館。この図書館には、現世で道に迷う“道なし”と出会ったお客様が訪れる。その解決法を記した不思議な書物を紐解く図書館長・小野篁こそは、彼らを救う“冥官”だった。季節は春。篁たちのもとに、上官である安倍晴明が訪れる。彼が新米冥官の少女・時子に伝える使命とともに、からくさ図書館にも、新たな芽吹きの季節がやってくる──。悠久の古都で綴られる、ほろ苦くも温かいライブラリ・ファンタジー、第二集。

    続きを読む
    • からくさ図書館来客簿 全 6 巻

      未購入巻をまとめて購入

      からくさ図書館来客簿 全 6 巻

      4,136円(税込)
      41pt獲得

    レビュー

    4
    17
    5
    7
    4
    4
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/10/05Posted by ブクログ

      「リボンと人力車」
      無理をして身体を壊してしまう前に。
      ただ相手に見えるだけで、伝えたい事が何も伝わらない状態というのはとても歯痒いだろうな。
      自分の身体の事は自分にしか分からないのだから、もっと大切...

      続きを読む
    • 2017/04/05Posted by ブクログ

      時子様を天道へ導いた冥官の茜や、有名な陰陽師の晴明とレギュラーメンバーも増えて面白くなってきた(^^)♪時子様の成長も楽しみだし、今回は春の京都を満喫しました(*^^*)

    • 2017/02/02Posted by ブクログ

      京都のいろんな場所がでてくるので面白いです。
      表紙のイラストが少女向けっぽいけど、中身はそれなりに大人でもちゃんと面白い。あちこち散策したくなる。
      春になったらするかな。

    開く

    セーフモード