海のある奈良に死す

著者:有栖川有栖

682円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    半年がかりで書き上げた長編が、やっと見本になった!推理作家・有栖川有栖は、この一瞬を味わうために神田神保町の珀友社にやってきた。会議室に通され見本を心待ちにしていると、同業者の赤星学が大きなバッグを肩に現れた。久しぶりの再会で雑談に花を咲かせた後、「行ってくる。『海のある奈良』へ」と言い残して赤星は会議室を後にした。翌日、福井の古都・小浜で赤星が死体で発見された。赤星と最後に話した関係者として、有栖は友人・火村英生と共に調査を開始するが――!?

    続きを読む
    • 「火村英生」シリーズ 全 6 巻

      未購入巻をまとめて購入

      「火村英生」シリーズ 全 6 巻

      3,990円(税込)
      39pt獲得

    レビュー

    3.4
    100
    5
    15
    4
    30
    3
    44
    2
    8
    1
    3
    レビュー投稿
    • 2019/10/11Posted by ブクログ

      久々に作家アリスシリーズ。
      火村とアリスの旅情ミステリ。旅に出たくなります。穴吹社長は実写化するなら安達祐実かな。トリックはさておき、サブリミナル効果はとても興味深いと思った。
      あとがきを読むと専業作...

      続きを読む
    • 2019/10/05Posted by ブクログ

      再読。わりと当時読んだ時は「こういうトリックもあるのかー」と感心した覚えはあるけれど、今読んでみるとまぁありふれたとまでは言わないまでもよく思い付きそうなトリックだとは思う。よくも悪くも当時の状況だか...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/08/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード