怪しい店

著者:有栖川有栖

691円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    推理作家・有栖川有栖は、盟友の犯罪学者・火村英生を、敬意を持ってこう呼ぶ。「臨床犯罪学者」と。骨董品店〈骨董 あわしま〉で、店主の左衛門が殺された。生前の左衛門を惑わせた「変な物」とは……。(「古物の魔」)ほか、美しい海を臨む理髪店で火村が見かけた、列車に向かいハンカチを振る美女など、美しくも恐ろしい「お店」を巡る謎を、火村と有栖の名コンビが解き明かす。火村英生シリーズ、珠玉の作品集が登場。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    17
    5
    4
    4
    5
    3
    5
    2
    2
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/09/07Posted by ブクログ

      面白かったです。これまで読んだ有栖と火村先生の話の中でも割と上の方にいく(笑)身近にありえるかもしれない動機や有栖もちゃんと推理に参加していてテンポ良く読めました。

    • ネタバレ
      2019/08/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/06/09Posted by ブクログ

      なんとも魅力的な店が並びます。行ってみたいお店近づきたくないお店、色々。確かに言われるとお店って全く知らない人を無条件で受け入れてくれるけど、考えてみると少し怖いかも。

    開く

    セーフモード