天智と天武-新説・日本書紀- 5巻

中村真理子 原案監修:園村昌弘

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

九州は朝倉で、ご神木を伐採して宮殿を作ったため神が怒った。落雷と鬼火で多くの人が病死し、斉明帝も崩御した。その葬列を、朝倉山の上から大笠を着けた鬼(蘇我入鹿の怨霊)が、じっと見つめていた…………これが国家公認の歴史書・日本書紀による、中大兄皇子と大海人皇子の母親・斉明帝の死の説明である。しかし真相は、朝鮮出兵に気乗りしない斉明に苛立った中大兄の謀略だったのだ!百済の新王となった豊璋を助けるべく、中大兄皇子率いる日本軍は……!?

続きを読む
  • 天智と天武-新説・日本書紀- 全 11 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    天智と天武-新説・日本書紀- 全 11 冊

    6,655円(税込)
    66pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(7件)
  • 2014/08/29

    帯の『集団的自衛権』が目を引いた。
    なんてタイムリー。
    半島の勢力地図が関わってくるとこの時代も難しい。

    そして白村江の戦いへと・・・
    天智と天武のストーリーはこれからまだまだ続きます。

    Posted by ブクログ
  • 2014/10/04

    日本の、というより韓国ドラマっぽい、愛憎と陰謀が入り組んだストーリー。
    天智と天武が出てくる漫画や小説は多いけど、朝鮮情勢とここまでからめているのは独自色が出ていておもしろい。
    中大兄の壊れっぷりもい...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2014/11/16

    大友くん登場!
    やはり中大兄と同じ顔なんだねw
    そして讃良様もそっちの顔で怖いわw

    これからの展開も期待。
    大友くんはまっすぐ育てばイイ子だろうになあ。。

    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード