天智と天武-新説・日本書紀- 4巻

中村真理子 原案監修:園村昌弘

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

豊璋の母国・百済が滅亡した。百済残党軍からの救援要請に、朝廷は大揺れとなる。朝鮮半島に日本軍を派兵し、新羅と戦って百済を復興させたい中大兄皇子に対し、大海人皇子は和平工作の道を選ぶ。海を渡って新羅に密航した大海人は、武烈王と再会して百済残党軍との調停役を買って出る。交渉はうまくいくかに見えたが……あくまで出兵にこだわる中大兄と、強大な唐・新羅連合軍との戦争を回避したい大海人との確執が本格化!母親の斉明女帝は大海人に同調するも、中大兄に押し切られ、日本軍はついに出陣することに…!?

続きを読む
  • 天智と天武-新説・日本書紀- 全 11 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    天智と天武-新説・日本書紀- 全 11 冊

    6,655円(税込)
    66pt獲得

レビュー

レビューコメント(7件)
  • 2014/03/29

    うっかりして予約入れておかなかったのですが、いつもの本屋さんが届けてくれました。

    中大兄皇子(のちの天智天皇)の苦しみがよくわかりました。歴史の上では百済救済と覚えていたはずでしたが、救済ではなくこ...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2014/08/23
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    Posted by ブクログ
  • 2015/01/02

    中大兄がただの冷酷なだけじゃなくて寂しすぎる人に見えてくる・・。いや、最低だと思うんだけどさ・・・。

    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード