仮説実験授業研究 第3期 6

編:仮説実験授業研究会

1,606円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。第6集に収録された授業書《生物と種》は,いちおう中学生以上を対象にしていますが,小学校でも高学年なら十分授業にかけられると思います。 第5集に収録された伊藤恵さんの《程度のもんだい》の授業記録の後編も収録されています。また,「低学年における原子論教育の可能性」の総論とも言える,「世の中,単純だと思うと明るい!」という講演記録もあわせてお読みください。 もう一つの長編は,板倉聖宣さんの「明治の科学読み物と石井研堂」です。これは板倉さんが発掘を続けている「かわりだねの科学者たち」シリーズの一角をなす評伝です。★★ もくじ ★★・明治の科学読み物と石井研堂 科学教育に大きな貢献をした編著者・世の中,単純だと思うと明るい! 低学年における原子論の教育の可能性〔番外編〕・低学年における原子論の教育の可能性 小学校2年生と《程度のもんだい》(その2-第1部後半の記録)・授業書《生物と種》研究物語・生物学的〈種〉概念の形成とその教育史・授業書《生物と種》とその解説

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード