仮説実験授業研究 第3期 4

編:仮説実験授業研究会

1,606円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

    第4集では一挙に2本の授業書を収録しました。一つは松崎重広さんがねばり強く取り組んできた数学の授業書《広さと面積》です。社会の科学に関心のある方は,もう一つのまったく新しい授業書《世界史入門》の方から見てください。「世界史はまるでダメ」という人にも歓迎してもらえると思います。「社会の科学の教育」については,その歴史を本格的に跡づける研究がまとまりつつあります。橋本淳治さんの「〈社会に関する授業〉の歴史」は,その第1弾です。山田正男さんの「ホウレンソウは磁石に吸いつくか?」は,第3集の反磁性の研究に続く新実験・新発見報告です。アマチュア的研究のすばらしさがいきいきと伝わってきます。★★もくじ★★・授業書《世界史入門》の構想なぜ〈世界史〉を学ぶのか,その動機から始める・「社会に関する授業」の歴史〈社会科〉はいつから始まったのか?・ホウレンソウは磁石に吸いつくか?赤サビの不思議な性質と,手作りの〈簡易ねじり秤〉による微量な鉄分の検出法・授業書《広さと面積》ができるまでイタクラ式研究法・発想法をまねて・授業書《広さと面積》とその解説・授業書《広さと面積》の授業記録小学校4年生との18時間工業高校で《広さと面積》※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード