塵-WINDROW- 硝子の街にて(14)

著:柏枝真郷 イラストレーション:茶屋町勝呂

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

コンピュータのY2K問題が大きな話題になる1999年11月。伸行の勤めるスカイトラベル社も年末年始の旅行シーズンを前に忙(せわ)しさを増していた。その最中、取引先企業の入居ビルで火災が起こり、死者も出た。遺体の中に出火以前に死んでいたと思われる検死結果が出て、事件、事故、両面の可能性をさぐりながら、殺人課警部補のシドニーも捜査に加わることになった。どこまでもピュアなNYラブストーリー!!

続きを読む
  • 硝子の街にて 全 22 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    硝子の街にて 全 22 巻

    11,825円(税込)
    118pt獲得

レビュー

  • 2008/08/30Posted by ブクログ

    硝子の街にて』の十五巻目

     なんでこれだけ買ったんだといわれると、恥ずかしいのだが、ホワイトハートの投稿システムが大きく変わったことが書いてあったのだけど、十一月の新刊3冊しかなく、読みきりらしい...

    続きを読む
  • 2005/05/31Posted by ブクログ

    とうとうあの日がやってきてしまいました。9.11です。
    あの日、ノブとシドニーがどんなふうに過ごしたのか。そんな中でお互いに対してどんな思いを抱くのか。それがテーマであるとは思うのですが…なんか、他の...

    続きを読む
  • 2004/10/30Posted by ブクログ

     シドニーよかったね…。二十年だよ二十年…。しつこいといっちゃあそれまでですけど…笑。
     「朝」はもうすっごい照れました…。<「空」「燕」はかなりじれったくて(4巻までは更にじれったかった…)「宵」は...

    続きを読む
開く

セーフモード