風の大陸 外伝3 虹の時間

著者:竹河聖 イラスト:いのまたむつみ

528円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ティーエは山を下りた。人間の世界に戻るために…。最初の目的地はハイセレの村。ケントウリ族を神と崇める素朴な人々の住む山里だ。だが、初めて出会った人々の思念は、ティーエをとまどわせ、恐怖させた。ティーエは逃げだし、森に隠れた。その夜、山は嵐に包まれた。そのころ…。イルアデルは決断を迫られていた。グラウルは囁く、あなたが生き残り、王位に就くには、他に途はないのだ、と―。父王暗殺。イルアデルの心は嵐の中の木木の梢のように揺れた。だが…。ティーエ、ラクシ、ボイス、そしてイルアデル。若者たちが出会い、その運命を絡み合わせる以前、それぞれの道を歩みはじめたばかりの頃を描く、ファン待望の書き下ろし短編集。

    続きを読む
    • 風の大陸 全 35 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      風の大陸 全 35 巻

      18,898円(税込)
      188pt獲得

    レビュー

    レビューコメント
    • ティーエ イルアデル&グラウル ラクシ&ハラドは楽しめたのだけれど、『大河』ボイスに脱力。『恋にも至らなかった〜胸を暖めたのだった』―完― 朴念人にすら至らない。―完―の上に【鈍】を加えて読了。後期の...

      続きを読む
    • 滅びに向かう大陸を、旅する3人の若者達。それぞれが出会う前にはどんな出来事があったのか。ファンサービス的な外伝でした。山の神と間違えられ戸惑うティーエ。ホラーな展開に立ち向かうラクシ。そして、何がした...

      続きを読む
    • ティーエが山を降りた直後、ラクシと出会う前の話とラクシがまだお姫さまだった頃の2編を収録。ついに寄り道(外伝)も読み終わってしまった、残るは最終章28巻のみ。

    • 期待して(何を?)読んだわりに不完全燃焼な短編。主役3人(ともう一人)が出会う前の挿話なのだがティーエ編は本編の補完的で本編中に入れておいても良かったのでは?説明が二重になるのは本編読んだ人にはダブる...

      続きを読む
    • ボイスよ、あなたは何がしたいんだ! と突っ込みたくなった巻、 そしてイルアデルは本当に孤独だなあと。 ラクシとハラドのお話は楽しめました。 ラクシは兄とかと話してるときは本当に可憐な女の子で可愛い。 ...

      続きを読む

    セーフモード