風の大陸 第七部 祭礼前夜

著者:竹河聖 イラスト:いのまたむつみ

528円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新イタール公国公女ラクシの身代りとして、ティーエはアドリエ王宮の人質になっていた。ティーエとの心の邂逅を拒み続けるアドリエ王イルアデル。〈魂の双児〉たる自らの“能力”に目覚めないイルアデルを、ティーエはただ静かに見守っていた。だが、兄イルアデルを無きものにしようとする妹姫マレシアーナの策謀が、一人の奴隷の少女アナイナを非業の死に陥れる。それはまた、ティーエにとっても辛く悲しい一夜の始まりであった…。国を上げての祭典“海の大祭”を目前に、アドリエの王宮は波乱の予感に揺れ動く。―超人気シリーズ、待望の第7巻。

    続きを読む
    • 風の大陸 全 35 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      風の大陸 全 35 冊

      18,898円(税込)
      188pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント
    • 目に見えることだけに惑わされてはいけない。たおやかで美しい姫君の望むモノは、救いようのない闇に属するモノであるかもしれない。逆に誰の目にも悪役に映る者の心に秘めたる想いは、とても真っ当なモノなのかもし...

      続きを読む
    • 《心の内に怪物を飼っていない人間が、いると思うのですか》内なる怪物の《存在を認め、共存のみちを探るのです》大魔術師ラグルドは敵なのか味方なのか。サブタイトルは『祭礼前夜』だが、騒乱前夜を感じる終わりか...

      続きを読む
    • ボイスとゼルフト。尊敬しあう武人同士というのは、はたから見ても気持ちがいい。豹可愛いよ豹。ティーエと出会い、さらにアナイアを看取ったイルアデルの心はさらに変化する。最初は薄布の向こうの存在だったのに、...

      続きを読む
    • 天然水さんのコメ読まずに表紙裏&イラストを見てしまったという(残念)王妹どうもイヤな感じに描かれているが陰謀というよりは感情のおもむくままといった印象で、やはり若いなぁ。もちょっと黒い権謀術数にたけた...

      続きを読む
    • やっぱり、このアドリエ編はアドリエの人たちがいいです。イルアデル、マレシアーナ、アナイナ、サダナフィン……。 彼らの活躍や存在感に比べれば、ティーエやラクシやボイスの存在もかすんでしまうくらいでした。...

      続きを読む

    セーフモード