氷結鏡界のエデン11 最終双剣―ユミエル・ノイズ―

著者:細音啓 イラスト:カスカベアキラ

669円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    幽幻種を退け、世界を浄化してきた氷結鏡界。しかし、それに限界が近づいていることをユミィたちは知る。突如、天結宮に出現した幽幻種を、千年獅・巫女たちが迎撃する中、ユミィがふたりいるとの情報が流れ――。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    7
    5
    1
    4
    4
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/03/22Posted by ブクログ

      この表紙のユミィ、違和感感じると思ったら
      読めばわかりました…
      シェルティスの秘密が撒かれた7巻に対し、この巻は
      ユミィについての展開もじわじわ膨らんでいくことに
      なります。
      そして、あの人物が語る「...

      続きを読む
    • 2013/09/21Posted by ブクログ

      いよいよ、終盤にむけていろいろと押し迫ってくる感じ。

      『イリス』の方も、どんな結末になるのか薄々わかってきたし、やはり、1000年は長かったのだろうなとしみじみ。

      今回は、いろいろと問題提起ばかり...

      続きを読む
    • 2013/05/29Posted by ブクログ

      第11巻を読破。

      ああ、そうか。

      イグニドは“二人”で生き残れる世界を目指しているわけなのか。

      でもそのためにはノイエ・ノエシスの双子が犠牲になるわけで。

      そのことに罪悪感を抱いて、やっぱりで...

      続きを読む
    開く

    セーフモード