花宵道中 2巻

斉木久美子 原作:宮木あや子

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

江戸時代後期、幕府唯一公認の遊廓だった吉原。山田屋の新造・茜は、美形の船頭・平左に片想い中。しかし、彼は大見世・角海老楼の看板遊女・水蓮の恋人だった。時代は死んだ朝霧の姉女郎・霧里が京都島原で活躍していたころに遡る。吉原に追放されることになった霧里と弟は深い絆で結ばれているがふたりには暗い過去があった――。

続きを読む
  • 花宵道中 全 6 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    花宵道中 全 6 巻

    2,640円(税込)
    26pt獲得

レビュー

  • 2011/11/16Posted by ブクログ

    1巻の遊女朝霧の後輩の後輩茜の初見世の話と朝霧の姉女郎霧里の話。茜の話が朝霧と結びつくところで切なくなる。霧里の話も暗いものだけど今までの話との結びつきが面白い!

  • 2011/07/01Posted by ブクログ

    思っていたより面白い!ストーリーもいいし、絵の雰囲気もいい。コミカライズされた本ってハズレが多いけど、これは当たりだ!原作は読んだことないけど。

  • 2011/12/16Posted by ブクログ

    なるほど~青花牡丹そう、繋がるんだ.... ちょっとヘビーな物語だけど...

    前半の茜編もよかった。

開く
[{"item_id":"A000065509","price":"440"}]

セーフモード