花宵道中 5巻

斉木久美子 原作:宮木あや子

440円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

自らに恋を禁じている八津は髪結の三弥吉に惹かれつつも、自分を抱くなら客として来てくれと冷たくつっぱねてしまう。貧しい南方の村で生まれた緑は抜群に美しい容姿を気味悪がられ、「白鬼」と疎まれて育つ。山田屋へ売られた緑は姉女郎の桂山としか話すことができないが、気さくな三津に恋心を抱き始める。遊女たちの悲恋の行方は――。官能純愛絵巻、ついに完結!

続きを読む
  • 花宵道中 全 6 巻

    未購入巻をまとめて購入

    花宵道中 全 6 巻

    2,640円(税込)
    26pt獲得

レビュー

4.7
13
5
10
4
3
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/10/12Posted by ブクログ

    最終巻。決して死なないという信念の元、年季が明けて大門をくぐる姿に胸がすくような思いがした。理不尽な世界は現代にもあるけれど、それでも頭をしっかり上げて生きていこう。

  • 2014/04/22Posted by ブクログ

    緑でしめるのか〜。今まで想像してた緑のキャラと全然違った。みんなそれぞれ葛藤やトラウマがあって、それと戦う姿がよく描かれていて良い漫画だった。

  • ネタバレ
    2012/05/06Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
開く

セーフモード