大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 両国橋の御落胤

著:山本巧次

633円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    江戸と現代で二重生活を営む元OLの関口優佳=おゆうは、小間物問屋の主人から、息子が実の子かどうか調べてほしいと相談を受ける。出生に関して、産婆のおこうから強請りまがいの手紙が届いたのだという。一方、同心の伝三郎も、さる大名の御落胤について調べる中で、おこうの行方を追っていた。だが、やがておこうの死体が発見され――。ふたつの時代を行き来しながら御落胤騒動の真相に迫る!

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    19
    5
    3
    4
    9
    3
    6
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/31Posted by ブクログ

      シリーズ2作目となるけど、1作目の方がよく考えられてた分少し物足りない。
      トリックは面白いが、もう少しひねりとゆうかせっかくタイムトラベルをあまり活かせてない。
      未来の東京でのヒロインの行動範囲が限定...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/07/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/12/07Posted by ブクログ

      小間物問屋の主人から、息子は本当の息子なのか
      調べてほしいという依頼をもらった主人公。
      しかしそれが、まったく違う方向へと進んでいく。

      調べてくれと言われても、親子ですよ、と
      知らない人に言われても...

      続きを読む
    開く

    セーフモード